STABLE

THE JIVES

< 2021/12/1 Streamig Release >

5 th EP

1. Lonely Boys 

2. Hello,

3. Strikes Back

4. I Was Confined To Memory

 

Lyric Page

1280px-ITunes_Store_logo.png
logo_透過.png
Spotify_Logo_透過.png

Label: THE JIVE RECORDS

TRAILER

MINNA NO OBI COMMENT

「BEATが効いててイイ感じ!攻めのジャイブス好きだぜ!」

JOHNNY" Daigo Yamashita (JOHNNY PANDORA)

「3曲目がすこ!渋さに年齢が追いついてきて、脂が乗ってきました感満載EPすね!」

                 

                                                  HIROKI (ORANGE RANGE))

「ロックが持ってるイメージの中の攻撃性や暴力性、

反社会性みたいなものを惰性的に含ませず熱や光、優しさとか

センスでロックをしっかり進化させててとてもすごいし素敵だと思いました。

優しくて激しいってのは、ほんとに最高な事だと思います。

そんな彼らがとても好きです。聴かせてくれてありがとうございました。」

                                             研井文陽 (The cold tommy)

「"Lonely Boys"の哀切を感じる旋律

"Hello"の甘く暖かい調和

"Strikes Back"の焦燥感のあるビート

"I was Confined to Memory"の強く心地よい律動

これぞ"エモーショナル"な作品」

                 

                                                    Sho Imakoga (EVERLIFT)

「NEW EPリリースおめでとう!

いつも新しい試みを投げ込んでくるTHE JIVES。

今回はめっちゃ優しい空気を纏った1枚。

 

個人的にはニューウェーブっぽさを感じさせるアンサンブルが特に印象的。

この数年でホンマに色んな経験をしたんやろうなと、歌や楽器から染み込むように感じられる。

 

ニヒルな悪ガキ達のこれからがより楽しみになるNEW EP 『STABLE』!

たくさんの人の耳と心に届け!」

                 

                             TEXAS ギバシ(VANILLA TASTE) 

「THE JIVESの音楽を聴くと、ほの暗い場所に光がさし、優しい気持ちになって、感覚が研ぎ澄まされていく。新譜"STABLE"に出会った私は、またいつでもライブハウスにトリップ出来るのだ。 」

                 

                                                   ゆうばひかり(写真家)

「ぬおい!THE JIVES新境地いってるやないかい!

懐かしいUK感とヤマコーのメロディメイクでエモさ全開じゃねえか!

サイコーだ!今1番好きかも!笑」

                 

                                                    ショウヘイナガノ(RESERVOIR)

「今までとは違う街を歩いて違う海を見ているような気持ちになりました。

でもそこにはロックンロールやガレージが染み付いていて、だけど早起きした朝にも聴きたい!みたいな心地よさで。

やっぱりJIVESは面白いです!バンド好きな人に今追っかけてほしいバンドです!

ってか最初の頃の作品と全部並べると50年代から順番にロックの流れを辿ってるみたいで本当に面白いと思います!​」

キャロル・アイ!(THE TOMATOES/CHILDISH TONES)

「イントロ一撃で引き込まれた。苦しくなっちゃう。

はじまったね!」

ノガミユウキ (ROCKSAGE)

「THE JIVESは博愛主義者だ。

 

「みんな笑ってる方がいい」と夜な夜なパーティを繰り広げ、たとえ喉が枯れようと、腕がちぎれようとも、【爆音・爆速】のロックンロールを止めない。

呼ばれればビール片手に台湾、香港、どこへでも。「乾杯!」を合図にフロアを躍らせてきた。

 

「愛」は見返りを求めない。

立ち去る場所、会うことのできない仲間。それでも自身をじっと見つめ続け、考えることを絶対にやめない。

そうしてやがて、ステラ(宇宙)から声が聴こえはじめる。

その響きに手を引かれ、俺たちは"正しく"オトナになれた。

 

完全ネクストレベルのTHE JIVES、心より誇りに想います。

ヤマコー、タカミ―、タクローくん、リリースおめでと!

乾杯!」

​高島 一航(MOSHIMO/Drs.)

「俺がTHE JIVESに初めて会ったのは確かハタチそこらでツアーロディーやらして貰ったりバンドでツアー連れてってもらったり、そこから時間は過ぎてお互い色んな出会いや別れがあったりしてね笑

 

そんなTHE JIVESの新譜、今すんげーバンド楽しいんだろうなと思わせてくれる4人の傑作だと思います!

「君にとって素晴らしきは 今しかないのだから」

ごっつよろしいやん、今の“THE JIVES”」

​SEIJI(JOHNNY PANDORA)

「THE JIVESが好きだ!何が良いかって?全部だ!」

ファルコン次郎丸 (ボクジアース)

「THE JIVESの、ちょっと使い慣れない言葉たちと、口ずさみたくなるメロディーの調和がとても好きです。「Lonely Boy」は聴くたび、誰か映画化してくれないかなーと願ってしまう…。

「I Was Confined To Memory」は泣きたくなるけど、気持ちはしゃんとします。〝保ち続けてな贋作の自分を〟なりたいように、まず作っていこうとTHE JIVESの決意表明でもあるのかなと受け取っています。」

hiya ayaka (映像作家)

「変化?進化?前進?後退?

 

いや、

このEPはTHE JIVESが放つ確信犯のロックンロール!!」

下田 好太(下北沢ろくでもない夜/ロマンチスト Gt)

「『STABLE』これはTHE JIVESの決して足を止めないという決意表明だ!65年のロックンロールの歴史をかっ飛ばせ!!」

土山晃憲 (映画監督)

「進化しながらもロックンロールな軸を突き進んでいくTHE JIVESこそがロケンローバンド!帰り道、歩幅ビートと共に歌いながら帰路してます。新しいTHE JIVESの誕生です!」

白坂桃子 (西永福JAM)

Coming soon...